長く住んでいると直したくなる住宅のリフォーム

長年住んでいる住宅だと満足しているうちは良いのですが、年月が経つにつれてここはこうしたいなとか、あそこをこういじってみたいなど欲求が出てくるものです。
特にインテリア関連とか間取りなどは済んでいるうちに好みは変わってくるものなので、あれこれいじりたくなるのは仕方がないことかもしれません。
リフォームすることに関しては最近は特に業者の数も増えてきて様々な技術も進歩しているので結構自由にプランを立てることが可能になってきているのではないかと思います。

ですが、皆さん割と知っている方が少ないのは、住宅をリフォームする際には建てたときの工法によってできる事と出来ないことがあるのをご存知でしょうか。
主に日本の住宅には日本式の木造軸組工法で建てられたものと欧米から伝わった2×4工法の2種類が多いことがほとんどです。
特に2×4工法は特殊な建築法になっておりどちらかというと近年になって用いられている工法なのですが、リフォームの際に動け巣事のできない部分が多く、自由なレイアウトが取れないと尾言う欠点があります。

地震には強い構造なのですが、自由度が非常に低いです。
一方、木造軸組工法は古くから用いられてきた工法なのでシンプルな構造になっており、柱や梁の重要な部分を残せばかなり自由なレイアウトが組めるためプランを自由に組むことが出来ます。
このサイトでは木造軸組工法で建てられた住宅のリフォーム方について調べてみたいと思います。

TOPへ戻る