木造軸組工法の住宅を思いのままリフォームするには

住み慣れた住宅を直したい

気合を入れて建てたマイホームも長い間住み続けるとあちこちに最初は満足していたのにここはもっとこうしたいとか間取りはヤッパリこうしておけばよかったなど満足できないところはどうしても出てくるものです。
そこでさあリフォームをしようということになるのですが、規模を大きく直してしまうと予算もかさみますし住めない機関も出てくるので仮住まいを用意しないといけないとか色々問題が出てきますね。
そこで計画をしっかり立てて手を付けられるところから始めていって家に住みながらリフォームを進めていくことになってくるかと思います。
またご主人だけの意見では当然通りませんので家族の意見もしっかり取り入れていかないといけません。

出来れば自由にリフォームしてみたい

とは言うものの自分の意見はなるべく通したいというのが世の常で建てたときのままではなく自由な発想で思い切りリフォームしてみたいという人がほとんどを占めるのではないかと思います。
家族構成によっても間取りは変わるでしょうし、最初は我慢していた趣味のスペースなどもヤッパリ儲けてみたいとか子供が手を離れたら間取りも部屋数も当然変わってくるでしょう。
そうなるとかなり後々のことまで考えてからリフォームしないと満足のいく仕上がりにはならないのではと思いますので、計画は慎重に慎重を重ねた方が得策かと思います。
でもせっかくのリフォームなのですから発想は自由に行きたいものですし、それが現実にならなくては絵に書いた餅ですので完成図をしっかり頭に描いて計画しましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る