実は建てるときの工法でリフォームの範囲が変わる

リフォームに手を付ける際の注意

そしてリフォームに着工する際に注意しなくてはならないことですがリフォームする住宅に住みながら作業が出来るのかどうかここは着工前に確認しなくてはいけません。
住宅に住みながらリフォームするのであれば最終の完成図を描きながら工事を見守ることが出来ますし、仮住まいのための余計な費用もかかりませんのでコストダウンも出来ます。
あとは業者とはキチンと着工前にミーティングをしつこいくらい重ねておくことも大事です。
こちらの意向が伝わらないまま工事にかかってしまうとせっかく立てたプラン通りに仕上がらないことになってしまい大変なことになってしまいます。
ですので業者とのミーティングは事前にしっかりと行っておきましょう。

工法で異なるリフォームの範囲

そして意外と知らない方が多いのですが、最初に住宅を建てたときの工法の違いで出来るリフォームに違いがあることはご存知でしょうか。
まず主に日本の住宅で採用されている工法は木造軸組工法、2×4工法、鉄筋コンクリート、鉄骨工法などが挙げられます。
木造軸組工法は古くからの日本の住宅に多く採用されている工法で日本の多くはこの工法で組み立てられています。
長所は間取りや壁のうち抜きなど比較的自由にリフォームが可能なこと、欠点は重要な柱や梁は取り外すことが出来ないため、それらを軸にしてプランを立てなくてはいけないことです。
2×4工法は外国から伝わった工法なので比較的新しい住宅に多い工法です。
利点は新築の際は強度が高いこと、欠点は床と壁と天井が一体設計になっているので壁を抜いたり自由に間取りを取ることはできません。


この記事をシェアする
TOPへ戻る